« 2013年10月 | トップページ | 2014年2月 »

ユネスコの無形文化遺産 和食

和食 ユネスコ 無形文化遺産登録!

最近とても話題になりましたよね。
私は、一日本人として、へー。
でもいちいち国の食文化を文化財としていたら、キリがないんじゃない?
世界各国それぞれに独特の食文化もあるのに・・・。 そう思っていました。
登録で主張されているのは『自然の尊重』という日本人の精神をあらわした、
食に関する社会的慣習、 ということです。
確かに、これほどナチュラルな四季の移り変わりの表現は、
他国では見ない繊細なものです。
しかし、この無形文化遺産登録になった、和食の本当にすごいところって、
やっぱりヘルシーなところなんじゃないの?と。
なぜ和食が無形文化財になりうるのか、そう考えたら、単純に理解できてきました。
 
よーく観察してみると、他国の料理法は、油を使ったものがとても多いんです。
和食ほど、油が少ない食文化はほかにないかもしれません。
日常だから、あまり考えもしなかったけど、実際アンテナをはって、
世界の食文化を見つめると、和食のヘルシーさが際立っているのがわかります。
また、『和食 ユネスコ 無形文化遺産登録』を受けて
、 昨年末には首都圏主要ターミナル駅周辺で
「産経新聞特報」が発行されましたそうです。 また、
Webサイト「MSN産経ニュース」や、「イザ!」でも記事配信されました。
ますます、和食世界的にも人気ですが、日本でも再認識されますね。 ブログで口コミプロモーションならレビューブログ2934_top2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2014年2月 »